Click here to enter English page.

吉村・藤井研究室
山田研究室

Simulation And Virtual Environment

東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻
東京大学人工物工学研究センター

3.3. PCクラスターと没入型仮想現実間装置を用いた丸ごと可視化

3次元の精緻なシミュレーションが可能となってくると、そこから生み出されるデータ量は膨大となり、 2次元のディスプレイ上にそのシミュレーション世界を十分にリアリスティックに 表現することはほとんど不可能になってくる。

そこで、結果の可視化処理自体にも、巨大データ保持と処理の高速化という2つの観点から、 超並列アルゴリズムの導入が不可欠である。 また、こうした超精密な4次元(=3次元空間+時間)解析結果の可視化環境としては、 東京大学インテリジェントモデリング・ラボラトリー(IML) (http://www.iml.u-tokyo.ac.jp/) に設置されている没入型仮想現実感システムCABINを用いる。

図1: 没入型仮想現実感装置CABIN

図2: パンテオンの絵投影図

図3: PCクラスター

発表論文