Click here to enter English page.

吉村・藤井研究室
山田研究室

Simulation And Virtual Environment

東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻
東京大学人工物工学研究センター

7.1. 破壊力学パラメータの簡易評価システム

私達の身の回りには様々な機械や構造物が存在する。 これらに何らかの原因でき裂が発生した場合、き裂がどの程度危険かを定量的に評価することは、 機械や構造物の安全性や健全性を確保する上で極めて重要である。 しかし、一方で、き裂の評価には専門的な知識を必要とするため、 必ずしも人工物設計時にはき裂に対する評価はなされていない。

本研究室では、ハンドブックに掲載されている多数のき裂パラメータの評価式にオブジェクト指向分析を行い、 体系化して、Windowsパソコン上に構築することにより、初心者でも適切な破壊力学評価ができるような システムCRAPASを研究開発中である。現在、このシステムには 50個ほどの3次元き裂に対する簡易評価式が登録されており、 順次その機能拡張を行っているが、同時にこのシステムを学部学生の演習に適用し、 そのユーザビリティを調べたところ、ハンドブックを参照しながら行う評価に比べて、 その10分の1の時間で評価できるようになった。

なお、本システムのαバージョンを http://garlic.q.t.u-tokyo.ac.jp/~kawate/system/index.html において無料公開中である。

図:CRAPASの操作画面

発表論文