yamadaSummer, 2014.

山田知典 b.; 1972, ed.; The University of Tokyo, BEng, 1995; MEng, 1997; Ph.D., 2003.

 

所属:東京大学人工物工学研究センター准教授

277-8568 千葉県柏市柏の葉5-1-5 総合研究棟551

居室電話:04-7136-4248(内線64248)

 

大学院教育担当:東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻

113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 工学部8号館429

 

専門分野:大規模シミュレーション(物理&社会シミュレーション)

キーワード:計算科学、ハイパフォーマンスコンピューティング、不確実性評価

 

Contact

 

 

現在進行中のプロジェクト・競争資金:

・科学研究費補助金基盤研究C「バランシング領域分割法と双対基底ラグランジュ乗数法によるアセンブリ構造解析」連携研究者(2016.4-2020.3)

・科学研究費補助金基盤研究A「実世界とシミュレーションの相互作用による双方向社会システムデザイン」研究分担者(2015.4-2019.3)

・文部科学省ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発 重点課題E「革新的クリーンエネルギーシステムの実用化」 研究分担者(2015.2-2020.3)

・科学研究費補助金基盤研究C「構造健全性評価のための大規模シミュレーション結果の分析」研究代表者(2014.4-2017.3)

 

Recent Publications

[International Journal Papers]

Parallel Partitioned Coupling Analysis System for Large-Scale Incompressible Viscous Fluid-Structure Interaction Problems, T. Yamada, G. Hong, S. Kataoka, S. Yoshimura, Computers & Fluids, in-press, on-line-available 30.3.2016. doi: 10.1016/j.compfluid.2016.03.030

Server-Side Screening and Network Visualization of Huge Simulation Results, T. Yamada, K. Yodo, Y. Wada, S. Yoshimura, Key Engineering Materials, 713, pp 254-257, 2016.

Parallel Partitioned Simulations of Real World's Coupled Problems, S. Yoshimura, T. Yamada, Proceedings of Indian National Science Academy, 82-2, pp.147-162, 2016.

Numerical Modeling of Mudcrack Growth, H. Matsubara, K. Hirose, T. Edo, K. Tamanaha, H. Hara, T. Yamada, Japanese Geotechnical Society Special Publication, 2-31, pp.1143-1147, 2015.

Ultra-Large Scale Fracture Mechanics Analysis Using a Parallel Finite Element Method with Submodeling Technique, K. Arai, K. Yodo, H. Okada, T. Yamada; H. Kawai, S. Yoshimura, Finite Elements in Analysis and Design, 105, pp.44-55, 2015.

Explicitly Represented Polygon Wall Boundary Model for the Explicit MPS Method, N. Mitsume, S. Yoshimura, K. Murotani, T. Yamada, Computational Particle Mechanics, 2-1, pp 73-89, 2015.

Performance Evaluation of Parallel Finite Element Electromagnetic Field Analysis using Numerical Human Models, A. Takei, K. Murotani, S. Sugimoto, M. Ogino, T. Yamada, S. Yoshimura, Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering, 1-1, pp. 127-140, 2014.

MPS-FE Fluid-Structure Interaction Coupled Method with MPS Polygon Wall Boundary Model, N. Mitsume, S. Yoshimura, K. Murotani, T. Yamada, Computer Modeling in Engineering & Sciences, 101-4, pp. 229-247, 2014.

MPS-FEM Partitioned Coupling Approach for Fluid-Structure Interaction with Free Surface Flow, N. Mitsume, S. Yoshimura, K. Murotani, T. Yamada, International Journal of Computational Methods, 11-4, 1350101 (16pages), 2014.

A Parallel Iterative Partitioned Coupling Analysis System for Large-Scale Acoustic Fluid-Structure Interactions, S. Kataoka, S. Minami, H. Kawai, T. Yamada, S. Yoshimura, Computational Mechanics, 53-6, pp.1299-1310, 2014.

 

[Domestic Journal Papers]

・大規模耐震シミュレーション結果のサーバーサイドスクリーニング,山田知典,野口紘一,淀薫,和田義孝,藤井秀樹,吉村忍,日本計算工学会論文集,20160023pp.1-72016

・領域分割法におけるローカルSchur補元アプローチの性能評価, 河合浩志,荻野正雄,塩谷隆二,山田知典,吉村忍,日本計算工学会論文集,20160006pp.1-102016

・積分ドット重心追跡法による高精度ひずみ計測(ねじり変位測定によるトルク測定),和田義孝,豊吉巧也,古川知成,山田知典,スマートプロセス学会誌,5-1pp.71-772016

・積分ドット重心追跡法による高精度ひずみ計測(誤差低減手法の精度検討),和田義孝,豊吉巧也,古川知成,山田知典,スマートプロセス学会誌,5-1pp.46-522016

 

 [Book Chapters]

Advances in Computational Fluid-Structure Interaction and Flow Simulation (Y. Bazileves and K. Takizawa Eds.), Springer, 2016.

Part IV-Computer Science and HPC Aspects: Parallel Analysis System for Fluid-Structure Interaction with Free-Surfaces Using ADVENTURE Solid and LexADV EMPS (N. Mitsume, T. Yamada, S. Yoshimura, K. Murotani,)

High-Performance Computing for Structural Mechanics and Earthquake/Tsunami Engineering, Springer Tracts in Mechanical Engineering (STME) (S. Yoshimura, M. Hori, M. Ohsaki Eds.), Springer, 2016.

Chapter 5: Seismic Response Simulation of Nuclear Power Plant (T. Yamada, S. Yoshimura)

Chapter 7: Inundation Simulation Coupling Free Surface Flow and Structures (N. Mitsume, T. Yamada, S. Yoshimura, K. Murotani)

・人工物工学入門 共創によるものづくり(藤田豊久,太田順編),東京大学出版会,2015420日.

4 新しい設計手法(鈴木克幸, 山田知典)

 

[Monographs]

Petascale Coupled Simulations of Real World’s Complex Structures, S. Yoshimura, T. Yamada, H. Kawai, T. Miyamura, M. Ogino, R. Shioya, IACM Expressions, 37, pp.9-13, 2015.

原子力耐震シミュレーションの最前線と課題山田知典吉村忍計算工学(特集:防災・減災 : 計算工学の現状と課題) 19-1pp.15-182014

 

研究職歴

2012.12 東京大学人工物工学研究センター准教授

2008.4 日本原子力研究開発機構システム計算科学センター 任期付研究員,研究員(2010.4),研究副主幹(2010.7

2006.4 東京大学21世紀COEプログラム「機械システム・イノベーション」 特任講師

2005.4 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻 助手

2001.4 理化学研究所「ものつくり情報技術統合化研究プログラム」 研究員

2000.4  ()アドバンストテクノロジー

1997.4 日本学術振興会特別研究員(DC1)

 

併任

2013.2-2016.3 日本原子力研究開発機構システム計算科学センター 客員研究員

2005.4-2006.3 理化学研究所「ものつくり情報技術統合化研究プログラム」客員研究員

2002.5-2002.7 仏国パリ13大学(CNRS) 材料物性研究室 客員研究員

1998.2-1999.1 豪国シドニー大学機械工学科客員研究員

 

褒賞

2011.7      The 2011 JACM Award for Young Investigators in Computational Mechanics

        計算固体力学分野における大規模構造の解析アルゴリズム開発に関する優れた業績に対して

2010.6      日本計算工学会論文賞

      受賞論文:バランシング領域分割法の最適領域分割数の予測とその数値検証” (with M. Ogino and S. Yoshimura)

2010.3      日本原子力学会計算科学技術部会奨励賞

        大規模有限要素法解析技術による原子力施設耐震計算科学の推進

2009.8      米国航空宇宙学会 Certificate of Merit : Liquid Propulsion Best Paper Award

      受賞講演論文:“Numerical Analysis of Flow-Induced Structural Vibration in the LE-7A Liquid Hydrogen Pump” (with N. Yamanishi, M. Nishimoto, S. Hori, K. Okita, C. Kato, S. Yoshimura and H Kure)

2008.11    ACM/IEEE SC2008 Analytics Challenge Finalists

      受賞講演論文: “Cerebral Methodology Based Computing for Estimating Validity of Simulation Results” (with Y. Suzuki, A. Nishida, F. Araya, S. Hayashi, N. Nakajima and T. Hirayama)

2005.5      日本計算工学会奨励賞

      受賞講演論文:構造格子コースグリッドによる簡易アセンブリ解析(単著)

 

[Awards to Supervising Students]

2016.3       東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻三好賞

      受賞修士論文:分離反復連成解法によるlead-lagを考慮した羽ばたき運動の解析と評価(洪基源)

2015.10      KSME-JSME Joint Symposium on Computational Mechanics & CAE 2015, Altair Award Gold Prize

      受賞ポスター:“Parametric Study of Flapping Motion of Deformable Wing by Partitioned FSI Method” (G. Hong, T. Yamada, S. Yoshimura)

 

国際会議招待講演

International Workshops on Advances in Computational Mechanics (IWACOM) III (Ryogoku, Japan, 12-14, Oct., 2015)

“Simulation Technologies of Structural Finite Element Analysis Towards 2020+”

The 7th Korea-Japan Workshop on Computational Mechanics -COSEIK-JSCES Joint Workshop- (Pukyong National University, Korea, 10, Apr., 2015)

“An Implementation of Balancing Domain Decomposition Method for Peta-Scale Computers”

The 18th International Conference on Finite Elements in Flow Problems (Taipei, Taiwan, 16-18, Mar. 2015)

“Balancing Domain Decomposition Method with Additive Schwartz Framework and Diagonal Scaling for Peta Scale Computing”

2014 Smoky Mountains Computational Sciences and Engineering Conference (Gatlinburg, Tennessee, 2-4, Sep., 2014)

“Structural and Vibration Simulation of Important Structures Towards 2020+”

KSME-JSME Joint Symposium on CM & CAE 2014 (Jeju Island, Korea 1-2, May., 2014)

“Toward a High Performance Seismic Simulation on Petascale Supercomputers”

The First International Conference on Parallel, Distributed and Grid Computing for Engineering (University of Pécs, Hungary, 6-8, Apr., 2009)

“Parallel Distributed Seismic Analysis of an Assembled Nuclear Power Plant”

Workshop on Seismic Simulations in Nuclear Science and Engineering (Lawrence Berkley National Laboratory, U.S.A., 17-18 Mar., 2009)

“Recent Advances in Seismic Simulation of Nuclear Power Plant in Its Entirety”

The 9th Teraflop Workshop (Tohoku University, Japan, 12-13 Nov., 2008)

“Construction of Vibration Table in an Extended World for Safety Assessment of Nuclear Power Plants”

International Workshops on Advances in Computational Mechanics (Hosei University, Japan, 3-6 Nov., 2004)

“Structured Finite Element Analysis for Volume-based CAD System”

 

学協会委員等

・原子力工学推進連絡会議原子力構造工学推進連絡会(JASMiRT)委員(2016-)

・日本溶接協会第35期原子力研究委員会企画検討会幹事(2016-2018)

・日本溶接協会第35期原子力研究委員会国際研究連絡小委員会幹事(2016-2018)

Editorial Board, The 5th International Conference on Parallel, Distributed and Grid Computing for Engineering, Pécs, Hungary (2016-2017)

・日本計算力学連合企画委員会委員(2015-)

・日本計算工学会多元災害シミュレーション研究会委員(2015-)

・日本機械学会計算力学技術者認定試験付帯講習講師(20062013-2016)

・日本計算工学会学会誌編集委員会 副幹事(2014-2015), 幹事(2015-2016), 委員(2016-)

-Past-

・日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(2014-2015)

・日本計算工学会第20, 21回計算工学講演会実行委員会委員(2014-2016)

Steering Committee, The 11th International Workshop on the Integrity of Nuclear Components 2016 (2015-2016)

・日本溶接協会第34期原子力研究委員会企画検討会幹事(2015-2016)

・日本溶接協会第34期原子力研究委員会国際研究連絡小委員会幹事(2015-2016)

・日本機械学会KSME-JSME Joint Symposium on Computational Mechanics & CAE 2015実行委員会委員(2014-2015)

・日本機械学会計算力学技術者認定事業WG委員(2006-20082013-2015)

Editorial Board, The 4th International Conference on Parallel, Distributed, Grid and Cloud Computing for Engineering, Dubrovnik, Croatia (2014-2015)

・日本計算工学会第19回計算工学講演会実行委員会委員(2013-2014)

・第63回理論応用力学講演会運営委員会委員(日本原子力学会)(2013-2014)

Editorial Board, The 3rd International Conference on Parallel, Distributed and Grid Computing for Engineering, Pécs, Hungary (2012-13)

Editorial Board, The 2nd International Conference on Parallel, Distributed and Grid Computing for Engineering, Ajaccio, Corsica, France (2010-11)

・日本原子力学会原子力コード特別専門委員会専門委員(2010-2011)

Editorial Board, The First International Conference on Parallel, Distributed and Grid Computing for Engineering, Pécs, Hungary (2008-2009)

・日本機械学会計算力学部門P-SC287メッシュレス計算手法分科会委員(1996)

 

終了したプロジェクト・競争資金:

・戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム「市民生活・社会活動の安全政策のためのレジリエンス分析」研究分担者(2013.10-2016.9)

・文部科学省高性能汎用計算機高度利用事業HPCI戦略プログラム戦略分野4. 次世代ものづくり 「原子力施設の次世代耐震シミュレーションに関する研究開発」研究開発課題責任者(2010.4-2012.11), 研究分担者(2012.12-2016.3)

・文部科学省次世代スーパーコンピュータ戦略プログラム実施可能性調査実施機関戦略分野4. 次世代ものづくり 「原子力施設の次世代耐震シミュレーションに関する研究開発」 研究開発課題責任者(2010.1-2010.3)

JST戦略的国際科学技術協力推進事業「日仏間国際グリッドコンピューティング環境と国際的マトリクスソルバー予測システムの構築に関する研究開発」研究分担者(2008.4-2010.3)

・文部科学省原子力システム研究開発事業「原子力プラント全容解析のための接合部連成モデリングの研究開発」研究分担者(2008.4-2009.3)

JST 戦略的創造研究推進事業(CREST)「原子力発電プラントの地震耐力予測シミュレーション」研究分担者(2007.10-2008.3)

・科学研究費補助金基盤研究B「複合破損を考慮した原子力仮想耐震シミュレータに関する研究」研究分担者(2005.4-2007.3)

ITBL仮想研究環境「ADVENTUREにおける研究コミュニティ・システムに関する研究」プロジェクトメンバー(2005.4-2007.3)

・地球シミュレータプロジェクト先進・創出分野「バーチャル実証試験のための次世代計算固体解析シミュレータの開発」プロジェクトメンバー(2005.4-2007.3)

・科学研究費補助金基盤研究特別研究員奨励費「メッシュレス有限要素法の並列化大規模計算」研究代表者(1997.4-2000.3)