Click here to enter English page.

吉村・藤井研究室
山田研究室

Simulation And Virtual Environment

東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻
東京大学人工物工学研究センター

2.1. 固体・流体・熱・電磁場の大規模並列有限要素法解析に関する研究

(日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「計算科学」分野「ADVENTURE」プロジェクト)

世界最高レベルの超並列計算機(たとえば、2002年に稼動予定のピーク速度40TelaFLOPS (TelaFLOPS : 1秒間に実数演算を1012回行える処理速度)を有する地球シミュレータなど) を用いて、自然物や人工物のあらゆる物理挙動(変形・熱流体の流れ・電磁気など) をリアリスティックに再現することを目指している。 具体的には、1億〜10億自由度規模の世界最高水準の時空間分解能を有する 超並列有限要素法解析システム(ADVENTUREシステム)に関する研究・開発と、 その精緻な3次元シミュレーション世界を最先端の仮想現実感(Virtual Reality) 技術を用いてリアリスティックに表現する手法に関する研究・開発を行っている。

図1: ローマの古代建造物パンテオン

図2: パンテオン内表面の応力分布
図3: パンテオンの変形図
発表論文