Click here to enter English page.

吉村・藤井研究室
山田研究室

Simulation And Virtual Environment

東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻
東京大学人工物工学研究センター

6.2.1. 車の感性設計への適用

(マツダとの共同研究)

人工物設計においては、従来の機能一辺倒の設計から、感性要求と機能要求のバランスをはかる 設計が次第に望まれるようになってきた。複数人のプロのテストドライバーによる30を超える 多様な実車の走行試験から得られた、自動車の運転のしやすさ(操縦性や安定性) と走行時の車両応答特性のデータ群を解析し、フィーリング評価に特に影響を与える車両特性の抽出や、 その定量的な非線形関係の導出を行った結果、人間のエキスパートの評価と同程度の精度の結果を ほぼ自動的に得ることができた。

図1:感性情報と物理情報の関係 図2:寄与度分析
発表論文