日本語 / English

研究室のコンセプト

 学問領域にとりわれない学際的視点から、工学分野の複雑・複合問題を連成問題 (複数の偏微分方程式や数理モデルが連立した系) として捉えなおし、それらを解決するための数理モデリングや解析システムを研究する世界最高レベルの集団をめざしています。
社会的問題が連成問題に関係することは少なくありませんが、例として、以下のような課題に取り組んでいます。

  • 波浪 (流体力学) と構造物 (構造力学) との連成解析システムによる沿岸構造物の高度な減災設計の実現
  • 電熱 (熱力学) と冷却管内流れ (流体力学) との連成解析システムによる火力発電炉の健全性解析
  • 電磁場 (電磁気学) と構造物 (構造力学) との連成解析システムによる機械の振動抑制
 このような課題に対し、各学問領域 (機械工学・社会基盤学・建築工学など) の専門家や企業と共同で研究を行い、シミュレーション・数値実験によって問題解決に挑戦します。


研究室の学術的ターゲット

 数値流体力学などを代表とする単一問題の数値解析は国際的にも広く研究が進められており、多様な解析手法や数理モデルが存在しますが、連成問題に目を向けると、数値解析の実現は容易ではなく、またそれゆえに、学術的に非常に面白い対象となります。
 本研究室では、このような問題に対し、新しい解析手法の開発や現象の数理モデルの開発など、計算工学や応用数理学的な視点から学術的な解決策を提示します。工学的応用より一段階基礎的な位置で研究を行うことで、広く分野横断的な問題解決を図りますが、各問題の専門家と協力することで、特定の問題にフォーカスした研究を行うこともあります。研究室主宰者の三目は、津波に関する連成問題に興味を持ち、長らく取り組んでいますが、研究室メンバーそれぞれが個々の興味を掘り下げで研究できる環境を理想としています。


教育目標

自主的に対象問題を選択し、研究開発に取り組むことを中心とした体制で、工学分野の専門的知識・技術の獲得や研究者育成を基盤にしつつ、今後社会で必要とされる

 - 抽象化思考力・メタ思考力
 - IT リテラシー
 - 問題発見・解決力
 - コンサルティング・プレゼン力

など、自分の力で社会を渡っていく総合的能力が身につく環境を目指しています。